濃口醤油と淡口(うすくち)醤油の違い

おはようございます。通販部本田です。
今日は醤油のよくある質問にお答えします。

「濃口醤油と淡口(うすくち)醤油の違い」

醤油には主に五種類あってそのうちの2つが上記の濃口醤油と淡口醤油です。その中で濃口醤油は醤油全体の生産量の8割を占める言わばスタンダードな醤油です。

そして淡口(うすくち)醤油は江戸時代に兵庫県の龍野で誕生した醤油。使い方として素材の色を活かした料理に使います。主に京都の精進料理や懐石料理などです。

その2種類ですがスーパーでもよく棚に並べられています。濃口と淡口が棚に並べられていて感じたこと。それは「淡口の方が塩分は少なそう。だって淡口なんだから」っていう考え。

でもですね、この考え全くの逆でした。本田は醤油に関わるようになって初めて知りました。淡口醤油のほうが塩分高めな事を。

なぜ淡口醤油は濃口醤油よりも塩分が高いのか。それは原料にする塩水の量が多いから醗酵を促進する菌が死んでしまうんですね。だからあまり醗酵がいきすぎないようにしています。そして仕込み期間も濃口醤油より3割ほど短いです。だから色もうすいです。

言葉からしたら塩分控えめな感じがしますけど、濃口醤油と同じ感覚でドバドバ使ったら「うわっ、しょっぱい!」ってなるので気をつけましょう。

あと何故「薄口」と書かずに「淡口」と書くかですが、薄口醤油と書くと、塩分が薄いと思われかねないので、色が淡いという事から「淡口」としています。