醤油の賞味期限ってあるの?

「醤油の賞味期限っていつまでだろう?使いきれなかった醤油を使えるものなら使いたいけど…」

こんな疑問に答えます。

この記事の内容

・開栓後いつまでに使えばいいか分かる
・新鮮な醤油と劣化した醤油の見分け方
・めんつゆになると開栓してからがさらに短い

開栓後いつまでに使えばいいか分かる

結論から言うと、醤油は開封前と開封後で賞味期限が変わります。開封前であれば商品のラベルに印字してある数字がそれにあたります。
開封後は一般的な濃口醤油であれば1ヶ月で使い切りましょう。

新鮮な醤油と劣化した醤油の見分け方

ではなぜ開封してから1ヶ月で使いきる必要があるのか。それは1ヶ月経てば、輝き透明感のある赤色がだんだんとくすんだ茶色に変わり次第に黒色になります。そうなってしまうと香りが劣化し、味も苦味とえぐみが強く美味しくないです。

めんつゆになると開栓してからがさらに短い

弊社のめんつゆストレートは開封前であれば1年半の賞味期限です。しかし開栓してからは3日で使い切ってほしいです。多分読まれている方は「短かっ!」って思った方もいらっしゃるとは思います。

なぜここまで短いのか、それはつゆに含まれる塩分濃度が関係しています。醤油は塩分のおかげで腐りはしないものの「酸化」していきます。
通常の濃口醤油であれば100mlあたりの塩分濃度は16%程度。それに比べめんつゆは3%程度。比べたら全然濃度が違いますよね。だからメーカーとしては開けてからは早く使ってほしいんです。

醤油の賞味期限を知っておいしく使いましょう

私も醤油屋の通販担当として10年勤めていますが、思いのほかそういった問い合わせが多いです。醤油屋としてはやはり美味しい状態で使ってほしいです。会社としては開封後1ヶ月過ぎたものは製品として味の保証はできませんので、今後醤油を買う際には覚えておいて頂けると幸いです。

醤油を買う際は家族の人数、1回の料理で使う量などを考慮した上で購入されるのをおすすめします。

それではまた!

濃口醤油と淡口(うすくち)醤油の違い

おはようございます。通販部本田です。
今日は醤油のよくある質問にお答えします。

「濃口醤油と淡口(うすくち)醤油の違いって何?」

こんな疑問にお答えします。

この記事の内容

・醤油の種類って何があるの?
・淡口醤油は濃口醤油と比べて塩分が高い

醤油の種類って何があるの?

醤油には主に5種類あってそのうちの2つが上記の濃口醤油と淡口醤油です。その中で濃口醤油は醤油全体の生産量の8割を占める言わばスタンダードな醤油です。

そして淡口(うすくち)醤油は江戸時代に兵庫県の龍野で誕生した醤油。使い方として素材の色を活かした料理に使います。主に京都の精進料理や懐石料理などです。

他には再仕込み醤油、溜(たまり)醤油、白醤油があります。この3つについてはまた別の機会にお伝えします。

淡口醤油は濃口醤油と比べて塩分が高い

その濃口と淡口の2種類ですがスーパーでもよく棚に並べられています。濃口と淡口が棚に並べられていて感じたこと。

それは「淡口の方が塩分は少なそう。だって淡口なんだから」っていう考え。

でもですね、この考えは全くの逆です本当は淡口醤油のほうが塩分高いです。この事実、本田はこの会社に入社して気づいたんです。それまでは上記の考えでした。(普通に生活していたら知りませんよね)

ではなぜ淡口醤油は濃口醤油よりも塩分が高いのか。それは原料にする塩水の量が多いから醗酵を促進する菌が死んでしまうんですね。だからあまり醗酵がいきすぎないようにしています。そして仕込み期間も濃口醤油より3割ほど短いです。だから色もうすいです。

言葉からしたら塩分控えめな感じがしますけど、濃口醤油と同じ感覚でドバドバ使ったら「うわっ、しょっぱい!」ってなるので気をつけましょう。

あと何故「薄口」と書かずに「淡口」と書くかですが、薄口醤油と書くと、塩分が薄いと思われかねないので、色が淡いという事から「淡口」としています。

川中醤油にも濃口醤油と淡口醤油、それぞれ用意しています。

濃口醤油 有機丸大豆濃口醤油300ml

淡口醤油 うすむらさき500ml