濃口醤油と淡口(うすくち)醤油の違い

お客様からよくある問い合わせの一つで以下のような内容があります。

濃口醤油と淡口(うすくち)醤油があるけど、一体何がどう違うんですか?

こういった疑問にお答えします。

本記事では濃口醤油と淡口(うすくち)醤油の違いが分かります。その違い分かれば自分にピッタリの醤油が分かりますのでぜひ参考にしてみてください。

醤油は全部で5種類

醤油には主に5種類あってそのうちの2つが上記の濃口醤油と淡口醤油です。その中で濃口醤油は醤油全体の生産量の8割を占める言わばスタンダードな醤油です。

そして淡口(うすくち)醤油は江戸時代に兵庫県の龍野で誕生した醤油。使い方として素材の色を活かした料理に使います。主に京都の精進料理や懐石料理などです。

その他に再仕込醤油、白醤油、溜醤油がございます。

https://www.soysauce.or.jp/knowledge/kinds

今回は濃口醤油と淡口醤油について取り上げますので他3種類は割愛させていただきます。

その2種類ですがスーパーでもよく棚に並べられていますね。

僕に醤油の知識がない頃、スーパーに立ち寄って濃口醤油と淡口醤油が棚に並べられていて感じたこと。

それは「淡口の方が塩分は少なそう。だって淡口なんだから」っていう考え。

でもですね、この考え全くの逆でした。僕は醤油に関わるようになって初めてこの事実を知りました。

そう、淡口醤油のほうが塩分高めな事を

淡口醤油ってどんな料理に使うの?

なぜ淡口醤油は濃口醤油よりも塩分が高いのか。それは原料にする塩水の量が多いから醗酵を促進する菌が死んでしまうんですね。だからあまり醗酵がいきすぎないようにしています。そして仕込み期間も濃口醤油より3割ほど短いです。だから色もうすいんですね。

言葉からしたら塩分控えめな感じがしますけど、濃口醤油と同じ感覚でドバドバ使ったら「うわっ、しょっぱい!」ってなるので気をつけましょう。

あと何故「薄口」と書かずに「淡口」と書くのかですが、醤油業界では薄口醤油と書くと、塩分が薄いと思われかねないので、色が淡いという事から「淡口」と表記するのが一般的です。

濃口醤油と淡口醤油のまとめ

淡口醤油は濃口醤油よりも塩分濃度が高い。もともとは素材の良さを引き立てる為に使われる醤油です。例えば京料理は素材の色を大事にするのでよく使われる傾向があります。

醤油の特性を理解して美味しく使いましょう。

川中醤油の濃口醤油と淡口醤油

弊社にも有機丸大豆濃口醤油(濃口醤油)とうすむらさき(淡口醤油)があります。

有機丸大豆濃口醤油はその名の通り、小麦、丸大豆、天日塩、天然水を使って仕込んだこだわりのお醤油です。純米みりんを加えているため、通常の濃口醤油よりまろやかです。

うすむらさきは、煮物やお吸い物など色を綺麗に仕上げたいお料理におすすめです。

有機丸大豆濃口醤油300ml-川中醤油オンラインショップ
有機の小麦、丸大豆、天日塩、天然水を使って仕込んだこだわりのお醤油です。 純米みりんを加えているため、通常の濃口醤油よりまろやかです。 無添加。有機JAS認定商品。 原材料:有機小麦、有機大豆(遺伝子組換えでない)、食塩、みりん 保存方法:直射日光をさけ保存 賞味期限:24か月 アレルギー表示:小麦...
うすむらさき500ml-川中醤油オンラインショップ
煮物やお吸い物など色を綺麗に仕上げたいお料理におすすめの淡口醤油です。 上品な甘みと軽やかな香りが特徴です。素材の持ち味を活かす料理に最適です。 原材料:食塩、小麦、脱脂加工大豆(遺伝子組換えでない)、ぶどう糖、アルコール、調味料(アミノ酸等)、ビタミンB1、甘味料(甘草) 保存方法:直射日光をさけ保...